学生の1人暮らしを応援|魅力がいっぱい!長期出張にはマンスリーマンションを!

家選びには

学生で賃貸物件を探すときにはなにが重要なのでしょうか。賃貸物件を借りて住んでいる学生達に住んでよかったポイントを聞いてみましたので家選びの参考にしてみてください。

学生が選ぶ実際に住んでよかったポイント

no.1

家賃

家賃が安いことがお金のあまり無い学生にとっては1番大きなポイントだったようです。自分で家賃を支払っている学生はやはり学校生活を送りながらではバイトの時間の確保にも限界があります。最低でも4年間は住むことになる場所で、高い家賃では住み続けることが難しくなってしまうため家賃の安さは住んでよかったという理由が圧倒的に多かったです。学生にとって1番大きな出費となる家賃は安いに越したことはないようです。

no.2

学校までの距離

次にランクインしたのは学校までの距離です。学校まで距離があると通学に時間がかかってしまい、勉強にあてられる時間も少なくなってしまいます。また距離が遠ければその分移動にお金がかかってしまうので結果的に節約にも繋がっているようです。家賃を抑えても通学にお金がかかってしまっては意味のないということから学校までの距離は学生にとって重要であり、2番目に多い理由となりました。

no.3

バイト先までの距離

通学しながらバイトをしている学生も多いので学校までの距離同様、バイト先までの距離が近くて助かったという学生も多くみられました。学校は休みでもバイトは入っているということももちろんあるので近いと便利ということのようです。学校とバイト先が生活のメインになってくる学生にとってどちらへの距離も重要ということで僅差でバイト先への距離が3位になりました。

no.4

隣人との関係性

地方から出てきて1人暮らしをしている学生にとって隣人の人との関係が良好なことが生活していく上で大きな安心材料になっているようです。まるで親戚のようにかわいがってくれる人がいるとご飯をもらえることもあり、助かるという意見もありました。また友達がよく集まる家の学生は多少うるさくしても関係が良好であれば、大きなトラブルには発展しないで済むということも学生にとっては大切のようです。

no.5

収納が多い

実家を出てきたばかりのときは荷物は少なかったけれど、生活していくうちにだんだんと物が増えてしまったという学生も多くいるようです。学校でサークルなどに入りサークルで必要なものや、自分の趣味のものが一気に増えてしまうなどで大きな収納スペースが埋まってしまったが助かったという意見がみられました。あまり重要視されていないポイントですが、実際収納スペースに困った経験のある学生達にとっては大事なポイントだったようです。

学生の1人暮らしを応援

集合住宅

家の設備は妥協する

学生のうちは家の設備はあまりこだわらず選ぶことがポイントです。エレベーターやIHクッキングヒーター、浴室乾燥機などの設備がなくても学生のうちは困らないことがほとんどですので、こういった設備が付いていない家を選ぶことで家賃が下がります。ただ防犯カメラやオートロックなどのセキュリティー設備はあまり妥協しないほうがいいでしょう。

重要なのは距離

家賃を抑えるためのポイントは家の場所にも関係してきます。だからといって学校から離れた安い駅に住むというわけではありません。それでは通学費がかかってしまうので意味がありません。駅自体は学校から遠すぎず家賃相場の安い地域を選びましょう。そして駅近ではなく少し離れたところを選ぶだけで家賃はぐっと下がります。また新橋には安い物件があるのでおすすめです。

広告募集中